読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶望体験★ゲームの出口はいまここに☆

この記事では、今日気になった フェイスブックページのある記事を抜粋してお伝えします。

決して「覚醒」がすべてだとは思わないし、

「覚醒体験」と人格とはまた別であるということも
いろいろな方々のお話を聞いてわかったこの3年間。

だけど、その覚醒体験をされたという方は、ほとんどみなさん、口をそろえて同じことをおっしゃっていました。

人生のどん底を経験してどうにもこうにも身動きとれない!!と絶望の淵に追い込まれたときに、ある瞬間を境に何かがバーンと弾け、あり得ないほどのしあわせの感覚に包まれた、と。

そしてそこから現実がものすごいスピードで動き出し、想像もしていなかったような豊かさの流れの中へ運ばれていったと。


だからいま、絶望を感じている人はチャンスです。

自分を変えるチャンスです。

自分の力を試すチャンスです。

いまがそのときです。

私たちはみんな自分を変えるだけの力を持っています。



以下、フェイスブックページ『津留晃一の世界』より抜粋します。


「絶望感」という言葉は、この三次元世界では
最も否定的な言葉のひとつであると言えるでしょう。

「私は今、絶望のどん底だ!」
という話を聞かされた時、
「おめでとう、良かったね」
と励ます事の出来る人が、果たしてどのくらいいるでしょう。

エネルギーの次元から見れば
「絶望的だ!」という状態とは、
最も覚醒エネルギーのポテンシャルが高い状態のことです。

バネでいえばその弾性限界
ぎりぎりまで引き伸ばされた、
最も反発力を蓄えた理想的状態のことです。

絶望とは
望みを絶たれた状態、
理想の消えた状態、
目標を見失った状態
であるといえるでしょう。

こんな時、
あなたはどこへも行く事が出来ず、
ただそこにいるでしょう。

目標のないあなたには
行くべき先がないからです。

私もそんな絶望感を
体験させていただきました。

苦しさから逃れようと、
あらゆる可能性に手を伸ばし、
万策が潰えた時、
エゴは悲鳴を上げ
絶望の淵へと落ちていきました。

深い深い沼の底で
エゴは身動きしなくなりました。

そしてそこが
この三次元成長ゲームからの
出口でした。

全ての望みが絶たれたとき、
全ての夢が消えたとき、
全ての目標を失ったとき、
エゴが動きを放棄した
そのときから全てが始まりました。

覚醒ゲームの始まりです。
謎解きゲームの始まりです。

進歩、発展、向上という
三次元成長ゲームとは、
自我の成長ゲームでした。

覚醒ゲーム、
謎解きゲームとは、
自我の退化のゲーム
であるともいえるでしょう。

そんな夢ある絶望的状態を体験し始める人達が、
今、増え続けてきました。

このメッセージの読者の全員が、
そんな理想的絶望感をすでに
体験し終えている人達かもしれません。

しかし、
せっかくのゲームを長引かせたいのか、
苦しみや困難の中で
この後半のゲームを遊んでいる方々が多く見られます。

「イヤー、よくわからない」
という言葉とお友達になっている方々です。

「ウーム、難しい」
という言葉の好きな方々です。

「簡単にうまくいくはずがない」
という確信を持っている方々のことです。

現に今、
あなたが「難しい」という考え方を持っているとしたら、
おそらくこれまでの覚醒への道のりは
高く険しいものだったに違いありません。

あなたの「難しい」という考え方が
あなたの今を創っているからです。

そしてあなたは自ら創り出した「難しかった」という体験から、
真実難しかったという学びを深め、
その「本当に難しい」という新たな思いが
さらに未来へ険しい道を築きます。

あなたは過去の体験から
出られなくなっているわけです。

「楽をして儲かるはずがない」
という考え方を親から教育されたあなたは、
安易な儲け話に乗って
大損をした体験を味わったことがあるはずです。

そんなあなたは
「やっぱり親の言うことは正しかった、
うまい話には気をつけよう」
と自分の正しさを確信します。

自分の思いが損を引き寄せたのだとは気づけません。

こうして先人の信念を
未来へと受け継いでゆくわけです。

教育と称して、
失敗の知識を蓄積し続けてきました。

(途中略)

あなたは「今」その考え方を
変える力を持っています。

「難しい」という思いを
「簡単にいく」という思いに切り替えることが出来るのは
「今」です。

あなたはこれまで、
「今」ある力を使おうとしてこなかっただけです。

あなたは過去からの経験を
気軽に口に出します。

「悟りは難しい」と、
無造作に、無意識的に。

そうすることによって
自分が未来を創造し続けている
ということに気付かないままに・・・。

「過去を知り、未来へ活かせ」と
あなたは教わってきたかもしれません。

過去の体験にのっとって今、
あなたは考えます。

あなたは計画をたてるとき、
過去を参考にすることでしょう。

あなたは過去を未来へ投影して
生きているわけです。

すなわち未来が
過去の延長線上にあるのはこのためです。

直線的時間を創り出しているのは
あなたのこの習慣です。

「今」しかない
この「永遠の今」の連続である宇宙の中に、
連続的、直線的時間の体験を産み出してきたのは
あなたなのです。

宇宙に時間と空間があるわけではないのです。

あなたの想念の中にしか存在しなかった時間と空間を、
こうしてあなたは
体験可能としてきたわけです。

あなたは、
毎瞬毎瞬やってくる
未来を創造する「今」ある力を使うことを忘れ、
せっせと過去の体験から
未来を計画していきます。

計画する行為は、
あなたを過去の延長線に釘付けにします。

もし創造主に戻りたければ、
計画をたてるという行為を即刻止めることです。

計画とは
「今」使えるあなたの未来を創造するパワーを、
ドブに捨てる行為です。

計画とは
自我を成長させるにはとても有効な手段でした。

あなたがこれまで蓄積してきた全ての学びを、
ひとつずつ手放していくことによって、
加速度的に悟りのゲームは容易になってくることでしょう。

(途中略)

今、あなたには
自分を変える力があります。

静かに目を閉じ、
第3の目にあなたの意識を集中して下さい。

閉じたあなたの両眼で、
自分の第3の目を凝視して下さい。

3分もたてば
あなたの眉間がむずむずしてくるのを感じる事でしょう。

もし何も感じない方は
「ムズムズしてきた」と思って下さい。

そして心の中で、
自らの記憶を呼び覚ますつもりで
こう言って下さい。

「悟りの道は簡単である。
覚醒は万人に約束された道である。
神へと帰り着く道は、
その始まりの時に交わされた唯一確実な契約である。
私は目覚める。
最も容易な道を選びながら。
私は存在である。
私は神である。
私は全てを知っている。」

ゲームマスターとは
100%第3の目が活性化した人のことです。

その状態での想像と、
創造は同じことを意味します。

あなたは自分の想念を使って、
想像力を使って、
自分を変える力を与えられています。

このゲームの出口は、
今、ここにあります。

(途中略)

もしあなたがこのゲームを
そろそろ終わりにしてみようと考えるのでしたら、
この瞬間まで信じていた全ての世界観をドブに捨て、
あなたの想像できる限りのシンプルな世界を
創造してみてはいかがでしょう。

あなたは「すごろく」のような単純なゲームの中で
シンプルに「あがり」に向けて歩んでいく事が出来るでしょう。


さあ、どんな未来を創っていきますか?!